キャバクラの思い出

全然手っ取り早くはないよ

友達というより先輩、上司に連れられて行くことがあったキャバクラ

上司は出してくれるからまぁいいかで行ってたけど

先輩は出してくれないから渋々、てかイヤイヤに

店側としてはお金持ってそう、太客になりそうなところに上位の嬢を入れてくるのがセオリー

おまけ存在の私のところには1日体験の嬢が来るんですよ

初々しいのもいいけどもガラスの瞳でもろNPCのごとく同じセリフ

近くても一番遠い彼女たちはそうそうには無理でしたね。

キャバクラ好きな人は好きなんだろうなぁと周りを見てていつも思いました。

前の記事

相席居酒屋の思い出